時計機器の技術力やブランド力に触れたインフォメーションサイト

日本の時計機器技術の特徴と長所

日本の時計機器の特色と傾向

日本は西洋諸国と比べ時計機器の普及が遅かったこともあって、既にテンプレートが形成された西洋の機械式時計を後追い製造することから始めたために、時計機器生産を始めた当初は西洋式の時計機器の模倣品を生産するに留まり、これといった特色はありませんでしたが、技術研究によってクォーツ式時計機器のダウンサイジングによる、クォーツ式腕時計の開発に成功し、従来、機械式しかなかった腕時計にクォーツ式を導入するに至っています。

クォーツ式時計機器の小型化によって生まれたクォーツ式腕時計により、腕時計の生産においてスイスを上回るまでの成功を時計機器分野において収めた日本は、以降も最先端技術や新素材による時計機器の技術的な進化に注力を続けているのです。

ハイテク時計分野で日本はトップクラス

後続であったことが幸いし、西洋で研究の進んだ比較的高精度の機械式時計機器を真似ることから時計機器の製造に着手することができた日本は、精密技術に適性の高い人材が多かったことも手伝って、ハイテクノロジーを時計機器に組み込みながらも、精度において後れを取ることはなく、高精度かつ頑丈な腕時計作りにおいて時計機器技術を代表するスイスを上回ったことで、腕時計の精度と頑丈性への信用は世界でもトップクラスになりました。

更に日本は、伝統を引き継ぐ必要が無かった分、積極的に既存の価値観とは異なる時計機器の開発研究が進めやすく、挑戦的な時計機器の開発に適した土壌があったことから、最先端のテクノロジーを組み込んだ時計機器の開発が盛んに行われ、ハイテク時計機器に関しては世界でもトップクラスでしょう。


この記事をシェアする