時計機器の技術力やブランド力に触れたインフォメーションサイト

時計機器先進国と日本の時計機器の比較

時計機器の役割と需要の変化

時計機器最大の機能である時間を知ることができるという機能は、時間の大切さを指す「時は金なり」ということわざがアメリカから外来する過程で、お金を稼ぐチャンスが減るからという部分を失伝したにもかかわらず定着自体には成功していることから推し量れる通りに、万国共通の概念として時間が重要視されていることを示す一端とも言えるのではないでしょうか。

しかし、近年は携帯端末の普及が著しく、携帯端末に時計機能が組み込まれていることによって、時計機器に時間を知るための機能を求める機会が顕著に減じており、よほどデジタル技術を苦手としていたり大規模災害による電力供給の途絶といったデジタル技術の過信を懸念していたりしている場合を除くと、ほとんどの家庭で時計需要が減じていることから、携帯端末を持たせるには時期尚早のこども向けやデザイン性を重視したインテリアないしファッション目的の需要にシフトしています。

国ごとに差が出る時計に求められる機能

時間を知ることや計ることが本分である時計機器ですが、時計機器に機能を発揮することを求められる環境が異なることもあってか、時間を計るという時計機器の基本にして最大の機能以外の部分は時計機器の生産国によって重視する部分が異なり、それが生産国ごとの時計機器の個性となっている側面があるようです。

例えば、時計機器分野においてトップの国であるスイスなら、スイス時計というブランド自体が重視されて機能性とデザイン性の両立を伝統に則りながら追求することが求められ、機能美を追求するドイツでは精密性と機能性、文化的な時計の生産を目指すフランスは伝統的デザインと優雅さを追求する傾向が見られ、実用性が重視されるアメリカにおいては精度と頑強性、外来の技術や文化を発展させることを得意とする日本だと技術的発展が追及されました。


この記事をシェアする